タイ古式のマッサージ初体験!

2013-01-19

先日、肩こりがひどくなり頭痛まで伴うようになってしまったので、以前から気になっていたタイ古式のマッサージに行ってみることにしました。

某クーポンサイトを利用して、なるべく口コミで評判の良いところを探したのですが、人通りの少ない駅裏の雑居ビルの中にある店だったので、一人で行くのが怖くてマッサージ好きの友達を誘い一緒に来店しました。

薄暗い雑居ビルの階段を登り、恐る恐る店内に入ってみると、意外にもタイ風の装飾が施されたゴージャスなつくりでホッと一安心。
受付で60分のコースを選択すると、私たち以外はお客さんがいなかったので、友達と同じ部屋で施術してもらえることになりました。
一緒に着替えて待っているとタイ人の女性が二人入ってきて、カタコトの日本語で症状を聞かれたあと、いよいよ施術が始まりました。何かのコスプレをしてくるかな?とちょっと期待しましたが普通の恰好でしたね^^

初めは抱き枕のようなものを股に挟んで横向きに寝かされて、ふくらはぎから腿、そして背中へと指や腕を使って指圧的なマッサージ。
疲労が溜まっていたせいなのか、かなりの痛みで声も出ないほど。やっとの思いで「ちょっと…痛い…です」と言ってみたのですが、「イタイ?アハハハ」と笑われ、力を緩める気配もなくそのまま続行。
そして今度はうつ伏せに寝かされ、首から背中をまた指圧マッサージが始まったのですが、これまた激痛。一押しされるたびに息が止まるほどでした。

うつ伏せに寝かされているため、表情で痛みを伝えることもできず、ひたすら我慢。痛みで朦朧とする頭で(タイ古式マッサージってこんなんだっけ?もっとストレッチみたいな…)と考えているうちに、いよいよマッサージも終盤。

あぐらをかいて座るように指示され、上半身を後ろに反らしたり、左右に大きくねじったりと、ようやく私が思い描いていたマッサージが始まりました。
そう!これが私の求めていたタイ古式マッサージだ!と思ったのもつかの間、それから5分もたたないうちにコースは終了してしまいました。

物足りなさを抱えたまま着替えを済まし、サービスのお茶とお菓子を友達と二人で飲んでいると、一緒に言った友達も不満げな表情。

一番気になったのは施術中にタイ人の女性二人がずっとタイ語で喋っていたことと、ガムを噛みながら施術をされたこと。
文化の違いなのかもしれませんが、あまり気持ちの良いものではありません。

結局、私の始めてのタイ古式マッサージは微妙な感じで終わってしまいました。

ネットでいろいろ調べていたら、人気の目黒のタイ古式のマッサージがあるそうなので今度行ってみようと思います。
また別のお店でリベンジしてみたいと思います。

Copyright© コスプレで思うこと All Rights Reserved.

コスプレは今や世界文化にもなりつつある。世界で楽しめるレベルまで広がればいいのにな。