企業と弁護士の関係とコスプレ

2012-10-22

コスプレって何をするかによっては、だいぶ色々な選択肢がありますよね。

これからできそうなものを狙っていくこともありますし、

今までの既定路線のようなものもあります。

 

 

その中でも、アニメ系で行くのか、マンガの路線か、

それともゲームのキャラクターかと、選択肢は広がるものです。

でも、ここで大切なことは、あまり権利を侵害すると、

個人の楽しみというだけではすまなくなることだってあることは、

きちんと理解したうえでコスプレもしなければいけない時代に

なってきたのではないですかね。

 

 

今年に入ってからですが、痛車用のステッカーなどで

逮捕者が出たって話がありましたよね。

これは何かといえば、製作会社であったり、作者であったりの権利を

不当に侵害したからです。

ステッカーを勝手に作って販売したことによって、

オリジナル側の人たちが販売したら売れたかもしれない相手に対する

利益を損失させたということです。

こういう企業に弁護士は必ず付いています。

単純に揉め事だけのためにいるわけではありません。

そういったことを予防するためにも、弁護士の立場からの視点で

話を聞いたりすることもあるからです。

コスプレもあまり本線から逸脱した仕方をすると、

おおもめになることだって出てくる可能性は否定できないことでもあるんです。

 

 

Copyright© コスプレで思うこと All Rights Reserved.

コスプレは今や世界文化にもなりつつある。世界で楽しめるレベルまで広がればいいのにな。